3つの視点を操る強者!藤田晋 RTDリーグ2017選手紹介2

AbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送される、RTDリーグ2017の出場選手を紹介していきます。

観戦記担当の鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。


昨年のRTDマンスリーリーグ2016にて、多井に次ぐ準優勝だったのが…

藤田 晋(ふじた すすむ)

株式会社サイバーエージェント代表取締役社長

昨年度は、トッププレイヤーたちを相手に、見事準優勝を飾った藤田。


その藤田について、優勝インタビューで多井が語った。

多井「藤田さんは、局面を俯瞰で捉えることができる数少ないプレイヤー。自分の視点、相手の視点、客観的な視点という麻雀で大事な視点を3つ全て持ってる。相手の心理とかもよく読んで、脅す仕掛けとかもよくやってくるよね。ほんとに強い」

確かに、藤田は「相手がどんなことをされたら嫌なのか」という点において、非常に鋭い対応を見せる。

2016年度の予選で、こんな局面があった。

トップ目で決め手がほしい藤田は、ドラがトイツながら苦しい配牌を手にする。

すると、4巡目にはこの手牌で1sポンから仕掛けていった。

そして、安全牌を持って相手の対応を伺いつつ、東、9pとポンしてテンパイを果たすと、相手の進行も遅らせて終盤にツモアガリ。

これでトップを確定させた。

また、こういった仕掛けばかりではなく、リーチで大トップを取るのも藤田の特長の1つ。

2016年度の予選では、こんなデータが残っている。

リーチ回数に対するアガリ回数を出したリーチ成功率という数値なのだが、藤田はこの数値で全体の1位。

つまり、リーチ回数自体はかなり少ないが、その少ないリーチを高い精度でアガリに結びつけているということだ。

変幻自在な仕掛けもさることながら、藤田がリーチをかけるタイミングに注目すると、アガリへのヒントを見つけることができるだろう。

「リーチをかけてもあまりアガれない」といった悩みを持つ視聴者の方は、ぜひ藤田のリーチタイミングに注目していただきたい。


そんな藤田は、主催者として、今年も予選BLACK DIVISION・WHITE DIVISION両リーグに唯一出場する。

相手の嫌がる仕掛けと、精度の高いリーチで、目指すは打倒多井だ。


鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)


■prologue ~藤田晋 invitational 2017 RTDリーグ

藤田晋 invitational RTDリーグ

トッププロを招聘した長期リーグ戦「藤田晋 invitational RTDリーグ」。BLACK・WHITEの2リーグ戦を経て、準決勝・決勝にて年間チャンピオンを決定。AbemaTV麻雀チャンネルにて独占放送中のオリジナル番組です。

0コメント

  • 1000 / 1000